BLOG

ソデバスクは「バスク地方のジャンプ」という意味です。

私のイメージではジゼルの1幕、ペザントのパドドゥのコーダ部分で男女が交差しながら飛ぶのが印象的です。

アームスの形はアンオーにしたりすることもあります。

プレパレーションでシャッセを行うことも多く、連続ジャンプにすることもあります。

「回転しながらジャンプ」と思うとソデバスクはうまくいきません。

プレパレーションまでは身体は正面を向いていて、脚を振り上げた時には後ろ向き、脚を戻す力を使いながら半回転、反対足をパッセにあげていきます。

意識は「裏!表!」という感じです。

振り上げた脚が回ってしまうとバランスが崩れますので、振り上げる脚はアラセゴンをキープします。

脚を大きく上げるととても大きな見ごたえのあるジャンプになります。

パクリューはつなぎのパとして大きなジャンプの前などに行われます。

couruとはフランス語で「走る」という意味で、空中で脚を交差させます。

つなぎのパ以外にも1番やパラレルのポワント、ドゥミポワントで細かく足を動かして進むこともパクリューといいます。

5番はパドブレといいますね。

パクリューのポイントは身体を前傾させすぎないことです。

妖精やお姫様などの可憐なバリエーションでよくみられる小さなパです。

ポール・ド・ブラとは腕の動きやポジションを指します。

フランス派では準備の形としてアンバがあります。

1番はアンナバ、5番はアンオーとも呼ばれます。


シェネ


シェネは鎖という意味の連続したターンです。

6番のポジションを変えずに体を半回転ずつさせていきます。

ぐるぐる回るのではなく、半身、半身を返していくようにイメージしましょう。

アニメーションは少し脚が開きすぎかもしれません。

なるべく細かくターンをするためには、6番ポジションを守ってください。

ピルエット・アンディオール

ピルエットは回転。

アニメーションではアンディオールの回転をしています。

プレパレーションから両足で踏んで回転をします。

逆回りのアンデダンは片足で回転を始めます。

どちらの回転でも大事なのはスポットと軸です。

顔をスポットからなるべく外さないように、軸がぶれないように気を付けましょう。


アラベスク パンシェ


アラベスクはバレエの中でも最も有名で美しい形です。

そのアラベスクを発展させるのがパンシェです。

パンシェは「傾ける」という意味です。

軸足がしっかりとボディを支えたら、その付け根がポイントです。

そのポイントをやじろべえの中心と考え、そこを起点に上体を傾けます。

背筋を緩めると前にのめってしまいますので気を付けてください。

最初に上半身から倒そうと思ってはいけません。

まずはアラベスクの脚を背中から伸ばして上げます。

上半身はなるべくキープして、限界まで落とさないようにしましょう。

反対に起こすときは脚をなるべく下げないように上体を起こします。

上半身と上げた脚がなるべく離れないように意識しましょう。


ここでアラベスクの足について。

アニメーションでは第一アラベスクという最も基本的な形をしています。

お腹がちゃんと正面を向いて、横の手が真横に出ます。

アラベスクの足先を見てください。

まっすぐのラインで伸びています。

この足先を上にあげるのがはやっているのをご存知でしょうか。

ターンアウトがしっかりできていて甲が高くなったように見えるので、多くの人がそのように足先を作ろうとしています。

ですが、これは「プチチカ」といって正しいラインを壊すものとされています。

甲をしっかりと伸ばして「プチチカ」にならないように注意しましょう。


デヴェロッペとは「広げる」という意味です。

パッセの脚を伸展させる動き。



アニメーションではアラスゴン(横)にデヴェロッペをしています。

前や後ろにももちろんできますし、顔やアームスのつけ方もいろいろあります。

ポイントはパッセの膝をできるだけボディに引き寄せることです。

脚が床に対して垂直に上がったアラセゴンをシックスオクロックと言います。(時計の6時という意味です。)

シルヴィ・ギエムがこのシックスオクロックを世界に知らしめ、その後この形を目指すバレリーナが増えました。

アントルシャ・トロワは両足でジャンプして片足のク・ドゥ・ピエで着地します。

後ろ足がク・ドゥ・ピエになるものがアントルシャ・トロワ・デリエール。

前足がク・ドゥ・ピエになるものはアントルシャ・トロワ・ドゥヴァンです。

アニメーションはデリエール。

間に両足を着地させるためのソテをひとつ入れています。

アントルシャ・ロワイヤルの前足か後ろ足がク・ドゥ・ピエになると考えれば大丈夫です。

トロワの意味は3です。

足を開いて、閉じて、もう一度開く。

ク・ドゥ・ピエは数に入っていません。

偶数は両足着地(ロワイヤルはアントルシャ・ドゥーとも言います。 ドゥー=2 

        カトルは4、シスは6、ユイットは8です。)

奇数は方足着地(トロワ=3、サンクは5、など)

男性では長い滞空時間を利用してたくさんのバッチュが行えます。最大は12回のアントルシャ・ドゥースと言われています。


entrechat royal、ロワイヤルはアントルシャ・ドゥー,シャンジュマン・バッチュとも呼ばれます。


右足5番から垂直にジャンプし、右足前のまま足を打ち付けます。

その後足を入れ替えてプリエで着地します。

左足でも同じく、そのまま足を打ち付けてから足を変えて着地します。

足を打ち付けないジャンプはシャンジュマンになるのがわかりますか?

打ち付けるシャンジュマン=シャンジュマン・バッチュということになります。


シャンジュマンの足を変える前に打つのがロワイヤル

足を変えて打ち、戻ってくるのがカトルです。


ややこしいですが、きちんと覚えておきましょう。

entrechat quatre、カトルはジャンプしながら足を1回入れ替えます。

カトルは4という意味ですので、4つのポジションを通ります。


まず5番から垂直にジャンプした形が①


②足を入れ替えた空中の5番


③もう一度1番に戻します。


④足を入れ替えて5番にします。


ただし、最初の飛び上がりの時には脚をすでに入れ替えた②の形になれるようにジャンプしないと間に合わなくなってしまいますので、実際にカトルをする場合は気を付けましょう。

ポイントは足の先を入れ替えるのではなく、腿から交差をするように意識することです。

アントルシャにはほかにもシス、トロワ、ロワイヤルなどの種類があります。


バレエ総合情報サイトのバレエジャポンにBallet Dictionaryの情報が掲載されています。

バレエについての情報が満載ですので、ぜひご覧ください。

バレエジャポンの「バレエで繋がる」というページの「Ballogs」というコーナー、一番最初のジゼルのイラストが目印です。


シャンジュマンは5番の足からジャンプして足を入れ替えて着地します。

連続して行うこともできます。

空中ではひざはもちろん、つま先までしっかり伸ばしてください。